Serverの最近のブログ記事

Microsoft Exchangeがオンラインサービスのメニューに組み込まれるそうです。

 米Microsoftは3月2日、企業向けオンラインサービススイート「Microsoft Online Services」をあらゆる規模の企業に提供することを明らかにした。新サービスとしてExchangeとSharePointも加える。
 同サービスはMicrosoftの「ソフトウェア+サービス」戦略の一環で、顧客は企業向けソフトをサブスクリプションサービスとして利用できる。Microsoftは昨年9月に、このサービスを5000人を超える企業向けに提供すると発表した。今回、対象を中小規模の企業にも拡大する。

 また同社は、このスイートの新サービス「Exchange Online」「SharePoint Online」の限定βテストも開始した。これらサービスでは、顧客は電子メール、予定表、アドレス帳、共有ワークスペース、Web会議、Web経由のビデオ会議などの機能を利用できる。βテストには米国企業のみ登録可能で、今年後半に一般公開される。
 今回の対象拡大に合わせ、MicrosoftはMicrosoft Online Servicesに新しいライセンスモデルを導入した。Software Assuranceに加入していない顧客の場合、ユーザーごとにサブスクリプションを購入できる。Software Assuranceに加入し、Client Access Licenseを持っている顧客は割引価格で購入可能。サービスは、ニーズに応じて、顧客の社内サーバでホスティングすることも、社内ホスティングとWebベースのサービスを組み合わせることもできる。

SystemManagementServer2003の後継です。
この手のがあれば管理は楽になるわけですが、いかんせん導入費が高い・・・orz

マイクロソフトは1日、IT資産・構成管理ソリューション「Microsoft System Center Configuration Manager 2007」を発売した。販売は、ボリュームライセンスプログラムを通じての提供という形となる。価格は、Open License、System Center Configuration Manager 2007サーバライセンスが11万1,000円、System Center Configuration Manager 2007 エンタープライズ・サーバ管理ライセンスとSystem Center Configuration Manager 2007 スタンダード・サーバ管理ライセンスが2万9,800円、System Center Configuration Manager 2007 クライアント管理ライセンス(ユーザーごと)とSystem Center Configuration Manager 2007 クライアント管理ライセンス(OS環境ごと)が7,900円。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちServerカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはpluginです。

次のカテゴリはServer2008です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。