IE 8のWeb標準モード

| コメント(0) | トラックバック(0)

IE8は新しく搭載するレンダリングモードを非デフォルト扱いにするそうです。
IE6とか用に作ったコンテンツが正しく見えるようにするための措置らしいですが、もうちょっとうまいやり方がありそうなものですが。せっかく新しいことができるようになるわけですしね。

 米MicrosoftのChris Wilson氏は米国時間2008年1月21日,次期Webブラウザ「Internet Explorer(IE)8」において,Web標準に則した新たなレンダリング動作モードを非デフォルト・モードとして搭載すると発表した。IE 8を新しい動作モードで動かすには,Webページの「<meta>」要素で明示的に指定する必要がある。
 IE 8の開発方針について,Microsoftは標準技術への準拠と下位互換性の確保を両立させるとしている(関連記事:IE8のベータ版は2008年前半に登場、標準準拠と互換性確保に注力次期Webブラウザ「IE 8」は2008年上半期にベータ版をリリース)。そこで,Web標準技術への対応を強化した新動作モードを追加するだけでなく,IE 6までとの互換性を持つ「Quirks」モードとIE 7との互換性を持つ「Standards」という既存の2モードも引き続き提供する。
 新動作モードは各種Web標準技術に沿ってレンダリングするため,従来のIEによる非標準的なレンダリング動作を期待しているWebページは表示が崩れてしまう。Microsoftは「既に運用されている現行Webページについては,IEを念頭に置いていたページ制作者の狙い通りに表示すべき」(Wilson氏)と考え,新動作モードを非デフォルトとした。
 なお米メディア(CNET NetworksのZDNet.com)によると,Wilson氏のブログ記事に対し,新動作モードをデフォルト・モードにするべきという内容のコメントが多く寄せられているという。
[MicrosoftのIEプラットフォーム・アーキテクトであるChris Wilson氏のブログ投稿記事]

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://horijp.com/mt/mt-tb.cgi/1639

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、masashiが2008年1月26日 19:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Vistaのドライブ暗号化機能BitLocker」です。

次のブログ記事は「WindowsServer2008の価格が発表される」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。