PCのデータを遠隔地自動でバックアップ

| コメント(0) | トラックバック(1)

安いといえば安い気がするんですが、そこまでして守らないといけないデータってそもそもどれだけあるんだろうか、なんて思ってしまった。

 アールエムエスは、PCデータの自動バックアップサービス「DataShelter(データシェルター)」の提供を開始した。
 DataShelterは、遠隔地のデータセンターに業務データなどを保管することで、地震や火災などの災害や、クライアントPCのHDDのクラッシュからデータを守るサービス。データはバックアップ専用ソフトにより暗号化し、インターネットを介して米国2カ所のデータセンターに毎日自動的にバックアップする。データセンターは、アールエムエスの親会社にあたるNTTコミュニケーションズの米国子会社NTT/Verioのもの。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://horijp.com/mt/mt-tb.cgi/1851

火災報知機の設置が義務化されるようになりました。消防法の一部改正に伴い、2006年の6月から火災報知機の設置が義務付けられました。火災報知機設置の義務化と... 続きを読む

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、masashiが2008年4月10日 23:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「WiMAX機器が認証される」です。

次のブログ記事は「GoogleDocsがPowerPointのデータ形式をサポート」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。