「天気予報API」を気象協会が公開

| コメント(0) | トラックバック(0)

お高くてちょっと手が出せません(苦笑

 日本気象協会は12月4日、天気予報や気象関連の指数情報をAPIとして利用できる「天気予報API」を来年1月7日から提供すると発表した。基本的に法人などに向けた有料サービスだが、教育機関や非営利団体、個人を対象に無償提供プログラムを準備している。
 天気予報、週間天気予報を基本情報として提供するほか、オプション情報として紫外線情報(日別/時別)や花粉情報、アイスクリーム指数、風邪ひき指数など16種類の指数情報も利用できる。
 APIは原則としてウィジェットやブログパーツなどのアプリケーションでの利用に限定。ウィジェットなどに天気予報や指数情報を表示させたり、キャラクターに雨の日には傘を持たせ、花粉の多い日にはマスクをさせる──といった演出にも活用できる。公開されている飲食店情報APIと組み合わせ、ビール指数の高い日にはビヤホールを紹介するといったツールなども作れる。
活用例 初期費用として10万5000円が必要。基本情報は月額3万1500円から、オプション情報は1情報につき月額2万1000円。無償提供プログラムは、利用方法の提案を審査で選び、教育機関や非営利団体、個人を対象に無償提供するという。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://horijp.com/mt/mt-tb.cgi/2232

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、masashiが2008年12月27日 10:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大掃除で掃除したい場所」です。

次のブログ記事は「Bizアプリ:仕事に役立つプチビジネスWebアプリケーション」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。