テレビでネット、本格普及?

| コメント(0) | トラックバック(0)

後からテレビのあるところまで有線LANを仕込むのは大変なので、無線LANを最初からテレビに仕込んでもらいたいわけですが・・・

 今回のInternational CESにおいて、テレビの未来像としてパナソニック/ソニーが中心となってアピールしていたのが「3D」だが、もう少し身近な新機能として各社が製品へ実装してきたのが、ネットワークへの対応だ。
 テレビを中心としたAV機器のネット対応は今に始まったことはないが、今回の展示から感じられたのは、テレビを放送の受信機としてだけではなく、インターネットコンテンツ/サービスの受信機として使う方向性を各社が強く打ち出してきたことだといえる。
 パナソニックが「VIERA CAST」、シャープが「AQUOS Net」、ソニーが「BRAVIA Internet widget」、東芝が「TV Widgets」、Samsung Electronicsが「Internet@TV」などの名称で、インターネット経由でテレビ用にカスタマイズされたコンテンツをテレビ単体で楽しめる仕組みを用意している。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://horijp.com/mt/mt-tb.cgi/2248

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、masashiが2009年1月11日 22:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SDカードの次世代規格は最大容量2TB」です。

次のブログ記事は「つい買い置きしてしまう物」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。