NTT DoCoMoがHSUPAで上り5.7Mbpsへ

| コメント(0) | トラックバック(0)

ついにDoCoMoが。問題はいくらで提供されるか、ですな。

 NTTドコモは4月28日、HSUPAの導入により上り最大5.7Mbps、下り最大7.2Mbpsの高速データ通信を6月から提供することを発表した。
 同社のFOMA網は2006年8月にHSDPAを導入して下り最大3.6Mbpsに高速化し、FOMAハイスピードとしてサービスを開始。その後、2008年4月に下り最大7.2Mbpsに高速化されたが、上り速度は384kbpsのままだった。
 今回、W-CDMA(FOMA)の上り速度を高速化するHSUPA技術の導入により、15倍近く高速化されることになる。HSUPAは国内では、イー・モバイルが2008年11月に導入して上り最大1.4Mbpsの速度でサービスを開始、4月17日に最大5.8Mbpsへ高速化している。
 ドコモはHSUPAの導入により、動画などを添付した大容量メール送信が快適に行えるとしている。なお、導入当初の対応エリアは東京23区内の主要駅周辺になるという。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://horijp.com/mt/mt-tb.cgi/2287

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、masashiが2009年4月29日 04:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「無線LAN SDカード「Eye-Fi」に動画対応版」です。

次のブログ記事は「Windows Vista SP2のRTMが発表される」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。