Office Updateサイトが閉鎖される前にやっておくべきこと

| コメント(0) | トラックバック(0)

メモメモ。Office2000を使っている場合は要注意ってことで。

 Office 2000以降、Office XP/2003とほとんど文書フォーマットに変更がなく、基本的な機能にも互換性があったことなどから、いまだにOffice 2000を利用しているユーザーも多いようだ。そのOffice 2000も1999年6月の提供開始から10年が経ち、マイクロソフトのライフサイクル・ポリシーに従い、2009年7月14日にすべてのサポートが終了する。またOffice開発チームのBlog「Office Sustained Engineering」によると、Office 2000のサポート終了に伴いOffice Updateサイトも2009年8月1日をもって閉鎖されるということだ。
<中略>

■Office XP/2003/2007の場合
 Office XP/2003/2007の場合、前述のようにMicrosoft Updateによって、これらOffice製品の修正プログラムが適用可能になっている。しかしWindows OSの[スタート]?[Windows Update]またはInternet Explorer(IE)の[ツール]?[Windows Update]では、デフォルト設定でWindows Updateが起動するようになっている。そこで、関連記事を参考にMicrosoft Updateが起動するように設定変更しておこう。以降、Office製品の修正プログラムは、Office Updateではなく、Microsoft Updateを利用して適用することになる。
Windows Update後継のMicrosoft Updateを利用する
 設定変更後は、[スタート]?[Windows Update]などを選択すると、Microsoft Updateが起動し、Office XP/2003/2007の修正プログラムも適用可能になる。

■Office 2000の場合
 Office 2000の場合、前述のようにOffice Updateを利用しなければならないことから、そもそも修正プログラムを適用しないままになっているユーザーも多いのではないだろうか。しかしOffice Updateサイトが閉鎖される前に、公開されている修正プログラムを適用しておいた方がよい。特にOffice 2000の場合は、IEで細工されたOffice文書へのリンクをクリックすると、警告ダイアログが表示されずに攻撃が実行されてしまうからだ(Office XP/2003/2007では、[ファイルのダウンロード]ダイアログが表示される)。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://horijp.com/mt/mt-tb.cgi/2317

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、masashiが2009年5月30日 06:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Windows 7β版が8月1日で期限切れ」です。

次のブログ記事は「読めない漢字」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。