Twitterの4割は意味のないつぶやき

| コメント(0) | トラックバック(0)

なんだそうだ。もっと多いと思ってたのでちょっと意外。ま、意味のある投稿なんてしようと思ったら続かないしー(笑
やっぱり意味のあることを書き続けられるライターさんって偉いと思うの。

 Twitterの投稿の約4割は、自分が何をやっているかを書くだけの意味のないつぶやきだ。Web調査会社Pear Analyticsがこのような調査結果を報告した。
 同社はTwitterの投稿をランダムに抜き出して、その内容を調査した。調査は2週間(ただし平日のみ)、午前11時から午後5時まで30分おきに実施した。合計で、公開されているタイムラインから2000件のメッセージ(英語)を抽出した。
 これらのメッセージを「ニュース(CNNなどメインストリームのニュース)」「スパム」「宣伝(企業の宣伝)」「意味のないつぶやき(「今サンドイッチ食べてる」のような投稿)」「会話(ほかのTwitterユーザーとのやりとり)」「転送(RT)」の6つのカテゴリーに分類したところ、最も多かったのは意味のないつぶやきで、40.55%を占めた。次に多かったのは会話で37.55%、3番目は転送で8.7%だった。以下、宣伝(5.85%)、スパム(3.75%)、ニュース(3.6%)と続く。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://horijp.com/mt/mt-tb.cgi/2431

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、masashiが2009年8月17日 23:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「制御できないFlashの秘密cookieを半数強のサイトが利用」です。

次のブログ記事は「SQLインジェクションによる攻撃が急増中らしい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。