Twitterで位置情報を表示する新APIが公開

| コメント(0) | トラックバック(0)

されました。便利そうではありますが、使い方を間違えると不味いことになる人がいるんじゃ、みたいな(笑

 米Twitterは8月20日、ユーザーの「つぶやき」に発信場所情報を付加する機能を追加する計画を発表した。まずはサードパーティーの開発者に新APIを提供する。
 これまでもサードパーティーによる幾つかの位置情報機能はあったが、ユーザーのアカウント情報を利用したリアルタイムではないものがほとんどだった。だが新APIはつぶやきにリアルタイムの緯度と経度の情報を付加できるようにするという(具体的な方法については公式ブログには明記されていない)。なお、この機能はユーザーが選択しないとオンにならないオプトインで提供する。
 同社はまずサードパーティーの開発者にこのAPIを提供し、Twitter用モバイルアプリなどでの位置情報機能の実現を先行させる計画。その後TwitterのモバイルサイトおよびTwitter.com本体にもこの機能を追加するとしている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://horijp.com/mt/mt-tb.cgi/2438

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、masashiが2009年8月23日 14:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Movable Type 4.31」です。

次のブログ記事は「Gmailにメール・連絡帳のインポート機能が追加された」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。