Mozilla、Microsoft製Firefoxアドオンを無効化

| コメント(0) | トラックバック(0)

全くMSさんもなにやってんだか・・・

 WebブラウザFirefox向けMicrosoft製アドオンが、ブロックリストに追加された。Mozillaが10月16日、公式ブログで明らかにした。
 ブロックリストとは、そのアドオンをインストールするとFirefoxの動作に問題が発生するとMozillaが判断したアドオンのリストで、このリストにあるアドオンはインストールできない。また既にインストールされている場合は無効化される。
 新たにブロックリストに追加されたのは、「Microsoft .NET Framework Assistant」と「Windows Presentation Foundation」。これらはMicrosoftの「.NET Framework 3.5 SP1」をインストールすると自動的にFirefoxにインストールされるもので、Microsoft自身が10月のセキュリティアップデートで深刻な脆弱性を認めた。根本の原因となる脆弱性は10月13日公開のセキュリティ更新プログラム「MS09-054」を適用すればFirefoxでも解決されると強調しているが、Firefoxユーザーに対し無効化を勧めていた。
 だが、このプラグインを完全にアンインストールするのは一部のユーザーにとっては難しく、また無効にしなかった場合のリスクが非常に高いことから、Mozillaはこれらをブロックリストに追加したという。Microsoftには同日この決定を連絡し、同意を得たとしている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://horijp.com/mt/mt-tb.cgi/2492

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、masashiが2009年10月18日 23:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リモート・デスクトップ接続で縮小表示をデフォルトにする方法」です。

次のブログ記事は「2009年10月のアクセスログ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。