2011年5月アーカイブ

暑いのはどうも苦手なので少しでも涼しくなれば良いな、というこですだれを買ってみました。
雨戸シャッターが付いているのでどうやってぶら下げようかと思ってたんですが、ネオジウム磁石で貼りつくフックがあるようなのでそれでやってみることに。ダメなら雨戸シャッターのねじのところに適当な金具を無理やり付けるしかなさそうなのでどうにか付いてくれると良いんだけども。
それと、すだれって何年ぐらい持つものなんだろうかというのがちょっと気になる。まぁどれぐらい日が当たるかとかで違うだろうから使ってみて判断するしかないんだろうけども。

お買い物レポート 西日対策にはすだれ (マグネットフックで取り付け)
サッシの上に雨戸のシャッターが付いているので、磁石タイプのフックで取り付けました
これは簡単だしありかもしれん

冷ややっこりらっくまを作りたい : Fun!
「復興を議論し、決定し、実行するに当たり、ここで低劣な本性が露わになった人びとには、きれいさっぱり消えてもらおう。」
いやはや、全くその通りにしてもらいたい。今の政府・与党のあり方は余りにもひどすぎる・・・

政府のご重役方に贈る言葉|冨山和彦(経営共創基盤CEO)|PHP研究所 Voice+ ボイスプラス
 震災復興に向けて、早くも百家争鳴。民主党政権においても、お得意の「本部」やら「会議」やらが、そのためにどんどんできあがる気配だ。市井の一経営者、そして被災当事者の立場から、政府のご重役のみなさま方に、そこで絶対に遵守すべき大原則をいくつか注文しておく。
MTのエントリをFacebookに投稿するプラグインが小粋空間で紹介されていたので早速設定してみました。

Movable Typeのブログ記事をFacebookに投稿する「FBWallPostプラグイン」
1.主な機能
ブログ記事をFacebookの個人アカウントのウォールに投稿できます
ブログ記事をFacebookページのウォールに投稿できます
投稿すると、ブログタイトル・ブログの説明・サイトの画像・記事タイトル・記事リンク・概要(または指定文字数の本文)が反映されます
再投稿や日時指定投稿が可能です
InsertLinkが1.31にバージョンアップしたそうな。従来バージョンだとMT5.1では動作しないらしい。

http://www.h-fj.com/blog/archives/2011/05/12-131903.php<br/><br/>リンクの挿入をより便利にするプラグイン(InsertLink)の、Movable Type 5.0x/5.1対応版(バージョン1.31)を公開します。 Movable Type 5.1RC2で動作を確認しました。 また、Movable Type 5.0xでも動作します。 従来のバージョン(1.30)は、Movable Type 5.1では正しく動作しません(ボタンが表示されません)。 Movable Type 5.0xで当プラグインをお使いの方は、バージョン1.31にアップグレードしておくと、Movable Type 5.1にアップグレードしても、そのまま当プラグインを使い続けることができます。
ゴリラと言ったら三洋で、Panasonicはストラーダ。なのでゴリラがPanasonicから、と言われたらすごい違和感がありました。合併したんだなぁとしみじみ。
まぁそんなことはさておき、ポータブルナビもここまで進化したのねと納得できる仕様になってますな。でっかい&お高いものは何を売りにして差別化を主張したらいいのかますます分からなくなってきた・・・

http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn110512-1/jn110512-1.html<br/><br/>パナソニック株式会社 オートモーティブシステムズ社(代表者 柴田 雅久)は、SSDポータブルカーナビゲーション「ゴリラ」※1シリーズの新製品4機種をパナソニックブランドで6月10日より発売します。
1993年の市販カーナビゲーション発売以来、業界初の高精細ワイドVGA液晶の搭載や、地デジのカーナビゲーション標準装備への導入、また、昨年は新コンセプトの「旅ナビ」で市場の活性化を図るなど、パナソニックブランドは国内市販カーナビゲーションの市場でもリーディングブランドに育ってまいりました。このたび、カーナビゲーション ユーザーに評価の高い、当社の高画質・ロケーション性能をはじめとする車載デジタルAV・ナビゲーション技術にポータブルカーナビゲーション「ゴリラ」の豊富なラインアップを導入することで、エントリーユーザーから経験者まで、より幅広い需要層への浸透を図り、市販カーナビゲーション市場でシェアNo.1を目指します。
新製品はストラーダ上位モデルで好評の高精細ワイドVGA液晶を採用し、VGA専用高精細地図で、より視認性の高い地図描画を実現しました。加えて、最新の地図を表示するために道路マップ無料更新※2を開始します。さらに、ナビゲーション機能にもこだわり、自車位置測位のスピードアップや、細街路探索・案内にも対応しました。
当社は、カーナビステーション「ストラーダ」、トラベルナビゲーション「旅ナビ」にポータブルカーナビゲーション「ゴリラ」シリーズを加え、市場のさらなる活性化と、より快適なカーライフを提案し、市場をリードしてまいります。
IE9だとMT5.0までのバージョンでは正常に管理画面が出ないらしい・・・

http://www.koikikukan.com/archives/2011/05/11-015555.php?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+koikikukan+%28%E5%B0%8F%E7%B2%8B%E7%A9%BA%E9%96%93%29<br/><br/>Movable Type 5.0までのバージョンはIE9に未対応のため、IE9では管理画面が正常に動作しない可能性があります。
対処方法の話の前に、2?4項にMovable Typeの各バージョン+IEの各バージョンの組み合わせによる動作をざっと確認して結果を掲載します。注1/注2
唐突に浜岡原発の全面稼働停止要請があった訳ですが、そうすると電力不足が問題になるわけです。
リーマンショック以降経済が停滞して税収が減っていたところに今回の震災で巨額の復興資金が必要と見込まれている状態ですから、電気が足りないからって工場の稼働を止めるなんてことをやってしまうとますます税収が減って、という負の連鎖になりかねない。だから何としても経済活動が縮小するようなことをやってはいけないのが現状の正しい認識だと思います。
また、夏の電力不足というのは、夏にやたら経済が活発になって電力需要が急増するとかそういうことではなくて、冷房需要によるところが大きい。
サマータイムを導入して電力需要を減らそうという動きもありますが、余暇の拡大とかそういうのには一定の効果があるんでしょうが残業したら同じことだし、そもそも会社にいなくても日中暑いのは同じなわけだから電力需要が減るとかそういう効果はかなり限定的に思えます。
そこで一つのアイディアとして、企業に空調設備の更新を前倒ししてもらう、というようなことを考えてはどうだろうかと思う。
googleで検索してみたら、空調設備の償却期間は15年なのだそうです。確かに機械の寿命としては春秋はさほど稼働しないだろうし15年なんて機会寿命的には楽勝なのでしょうけども、空調設備の特にエネルギー効率の性能向上ペースを勘案してもう少し短い期間で償却を認めても良いのではないだろうか。
ということで、空調設備を更新する際のエネルギー効率改善幅によって段階的に償却期間を短縮する特例を認めるとか、そういうのはどうだろうか?もっとも空調機器メーカーとか、工事業者とかのキャパの問題があるのでこれだけで今年の夏を乗り切れるとは思えないけども、冬の暖房需要期までにはそれなりの効果が期待できるように思うんだけども・・・

「節電でクールビス前倒し サマータイム導入企業も」:イザ!
 大型連休明けの9日、夏の節電対策としてネクタイや上着を着用しない軽装勤務「クールビズ」を例年よりも前倒しで導入する企業が相次いだ。東日本大震災による電力不足問題で、政府は震災被害を受けた東京電力、東北電力管内の企業や家庭に対し、昨年夏に比べて一律15%程度の節電目標を設ける方針。こうした事態を受け、関西でも企業各社が節電対策をまとめ始めており、クールビズの拡大や就業時間を早める「サマータイム」の導入が全国に広がってきた。
まぁ、いつもの思いつき判断&パフォーマンスとしか思えませんな。
記事にも書かれてる通り、なぜ浜岡だけが対象なのか、それ以外はどうして黙認できるのか分からない。
政治家って言動、特に彼らの発する言葉は影響度が大きいわけで、それを駆使して仕事として成立するわけだから、それはものすごく重要に扱われるべきものと理解しているんですが、彼ら民主党の人達の言葉の軽いこと軽いこと。
電力はどうにかなるとか経済は停滞させないとか海江田に言われたって、バブル経済を煽って弾けさせた張本人の言うことなんて信用できんというのが正直な感想。またこれで税収減りますな。なんかこういう非常事態にやつらが政権握ってるって事態がマイナスだと思えて仕方ないわ・・・

 菅首相が運転停止を要請した中部電力浜岡原発は、近い将来の発生が予想される東海地震の想定震源域のほぼ中央に位置する特異な立地環境にあり、これまでも安全性が議論されてきた。首相は「想定外」の巨大地震と津波が襲った東日本大震災の教訓を重視した形だが唐突な印象は否めず、熟慮の上での判断だったか疑問も残る。

東海地震は南海トラフ沿いで繰り返し起きる海溝型巨大地震の一つ。国は30年以内の発生確率を87%と推定し、最大震度7の揺れを想定。極めて甚大な被害が予想されるため、日本で唯一、直前予知を目指す態勢を敷いている。

 日本の沿岸部には多くの原発があるが、国が巨大地震を高い確率で具体的に想定している点で、浜岡原発は特異な存在だ。東海地震の警戒宣言が出た場合、同原発は停止されるが、予知が成功する保証はない。

 中部電力が平成19年に作成した津波評価では、安政東海地震(1854年)の6メートルを過去最大とした上で、数値計算により8メートルを想定。海岸沿いにある標高10?15メートルの砂丘を越えないため「安全」とした。

 しかし、大震災では国や電力業界の想定を大幅に超える巨大地震と津波が発生し、従来の評価法が未熟だったことを露呈。国の中央防災会議は南海トラフ沿いの大地震が3つ連動する可能性を視野に、巨大地震の想定を再検討する方針を決めており、浜岡原発の安全評価は揺らいでいる。

 ただ、こうした想定の見直しとリスクの再評価は、国が一定の判断基準を示した上で、すべての原発を対象に行うべきものだ。なぜ浜岡原発だけ停止すべきだと即断できるのか。首相の言葉からはその具体的な根拠は見えてこない。

 収束の見通しが立たない福島第1原発の事故を教訓に、原発の地震・津波対策は抜本的な見直しが急務だ。しかし、稼働中の原発停止は電力需給バランスに支障が生じる懸念があるだけでなく、エネルギー政策の根幹にも関わる極めて重大な意思決定だ。首相は経済への影響など包括的な検討をどこまで行った上での判断だったのか、国民にきちんと説明すべきだろう。(長内洋介)
以前使っていたレンタルサーバの業者さんが廃業するとのことで、さくらインターネットに乗り換えました。
乗り換えたのは数か月前で、しばらく放置してたのですがようやく重い腰をあげてMTをインストール&エントリを移動。
ということでWindowsサーバでやってたMovabletypeはUnix系のサーバで動く環境に移行する結果となりました。
手抜きでスタイルシートはいじってません。(バージョン変わる時に面倒なことになるので今後も多分やらないと思う)

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このアーカイブについて

このページには、2011年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年11月です。

次のアーカイブは2013年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。