Chrome 2.0正式版登場

| コメント(0) | トラックバック(0)

Javaの高速化でJSが多用されているページだと30%速いんだとか。確かにMovableTypeの管理画面を開くと速い気がします。まぁ何にせよ、IEみたいにバージョンアップが大仕事じゃないのが良いですね。OSの再起動も必要ないし(笑

 グーグルは5月22日、オープンソースベースのWebブラウザの最新版「Google Chrome 2.0正式版」をリリースした。Windows XP/Vista対応版を同社のWebサイトからダウンロードできるほか、インストール済みのChromeは自動アップデートされる。同社は2008年9月に初めてのChromeベータ版をリリースしてから、約3カ月でバージョン1.0正式版を出し、さらにその後5カ月強でバージョン2.0を出したことになる。
 Chrome 2.0のChrome 1.0からの機能強化・追加は以下の通り。
  • JavaScriptエンジン「V8」の高速化。JavaScriptを多用するページでは1.0に比べて30%高速化しているという
  • フォームのオートフィル機能を実装
  • プロキシ設定を自動化するPACファイル対応
  • 新規タブを開いたときに表示されるサムネイルの編集機能
  • プレゼンテーション時などに使えるフルスクリーン表示機能

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://horijp.com/mt/mt-tb.cgi/2306

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、masashiが2009年5月23日 10:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大失策」です。

次のブログ記事は「Windows VistaとWindows Server 2008のSP2もうじき公開」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。