Windows 7でオンライン強化へ

| コメント(0) | トラックバック(0)

独禁法とかも絡んでそうですな。まぁ余計なものが入って無いのは歓迎かな。

 次世代OS「Windows 7」にはメールソフトや画像管理ソフトなどが搭載されておらず、オンラインサービス「Windows Live」で無償ダウンロード提供する形だ。Windows Liveとの連携を強化し、オンライン上のMicrosoftの"勢力"を拡大する狙いがありそうだ。
 Windows 7には、Vistaに搭載されていたメールソフト「Windowsメール」、画像管理ソフト「Windowsフォトギャラリー」、動画製作ソフト「Windowsムービーメーカー」、スケジューラー「Windowsカレンダー」、アドレス帳「Windowsコンタクツ」がすべて非搭載。それぞれ、Windows Liveで無償ダウンロード提供する形になっている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://horijp.com/mt/mt-tb.cgi/2313

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、masashiが2009年5月26日 23:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「QuickTimeに未パッチの脆弱性」です。

次のブログ記事は「Google Mapsのルート検索で複数ルートが案内されるように」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。