NotesからGoogle Appsへの移行ツール

| コメント(0) | トラックバック(0)

MSの次はNotesがターゲットになったようです。がんばれー(笑

 米Googleは7月14日、米IBMのLotus NotesからGoogle Appsへの移行をサポートするツール「Google Apps Migration for Lotus Notes」をリリースしたと発表した。Lotus Notesのアカウントのメール、カレンダー、アドレス帳、グループ情報のデータをGoogle Appsに移行できる。
 管理者向け機能として、設定用テンプレート、移行のスケジューリング機能、Google Appsアカウントの自動プロビジョニング機能、ユーザーへの通知、リポーティング、ログ機能などが用意されている。ユーザーは移行中もLotusのメールを使い続けることができ、移行が完了したらGmailからNotesのメールを開けるようになる。
 利用するにはGoogle AppsのPremier EditionまたはEducation Edition、IBM Lotus Domino Server Release 6.02以降が必要で、移行ツールはMicrosoft Windows 2000以降のOS上にインストールする必要がある。
 Googleはエンタープライズ市場への参入に本腰を入れており、6月9日にはMicrosoft Outlookとの同期ツールをリリースしている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://horijp.com/mt/mt-tb.cgi/2386

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、masashiが2009年7月15日 23:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Netbook向け軽量セキュリティソフト」です。

次のブログ記事は「Firefox 3.5に未解決の脆弱性」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。