Windows 7でサイドバーが無くなる

| コメント(0) | トラックバック(0)

最初から自由にレイアウトできるようになるらしい。一列に収まらなかったらページをめくらないといけないのが現状だから、これはこれで良い方向かな。

Windowsサイドバーよ、さようなら
 まずはガジェットだが、これはVistaで初めて導入されたデスクトップ上で動作するアクセサリソフトのことだ。こうしたアクセサリソフトはGoogleデスクトップガジェットやYahoo!ウィジェットが知られていたが、VistaではWindowsの標準機能として搭載されることとなった。Vista標準のガジェットには、CPUやメモリの使用量、カレンダー、時計、天気予報、ニュースなど、各種情報を表示するものが用意されている。
 Vistaのガジェットは「Windowsサイドバー」に格納して使うのが基本だが、サイドバーは自由度が低いのが難点だ。多数のガジェットを起動している場合は、サイドバーのページを切り替えて表示する必要がある。また、表示できる位置もデスクトップの右端か左端に限定されており、表示場所の自由度が低い。そもそも、デスクトップ画面が狭くなるのを嫌って、サイドバー自体をオフにしているユーザーも少なくなかった。
 これに対してWindows 7ではサイドバーが廃止され、ガジェットはデスクトップに直接配置するようになった。Vistaでもガジェットをサイドバーから取り出してデスクトップに配置できたが、ガジェットによってはデスクトップに置くと表示面積が大きくなるものもあり、デスクトップに常時置いて利用するには使い勝手がよくなかった。Windows 7の場合、ガジェットをデスクトップの自由な場所に配置でき、表示サイズや透明度、最前面に表示といった設定が個別に行える。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://horijp.com/mt/mt-tb.cgi/2380

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、masashiが2009年7月12日 14:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「最近の地球儀」です。

次のブログ記事は「GoogleのTwitterアカウントは46個」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。