ファイアストンとフォードが和解

| コメント(0) | トラックバック(0)

フォードのミニバンで走行中にタイヤが破裂し、横転する問題で大量リコールに至った事件で、タイヤメーカーのファイアストンとフォードの和解が成立した。
ファイアストンが270億円を支払うという結論らしいが、当時言われたようにフォードの空気圧の設定がファイアストンの主張と違ってかなり低めに設定されていたことに対するフォードの責任の重さはどの程度だったのか、そこのところがよく分からない。きっと「自分たちに責任はない」ってスタンスなんだろうけど。。。

asahi.com: ブリヂストン米子会社、フォードと和解成立?-?ビジネス
 ブリヂストン米子会社のファイアストンが製造したタイヤに大量のリコール(回収・無償交換)が出た問題で、ブリヂストンは12日、ファイアストン製タイヤを使用していた米フォード・モーターに対し、2億4000万ドル(約270億円)を支払うことで和解したと発表した。ブリヂストンは01年から北米市場でフォードとの取引を解消していたが、これで再開の見通しがたったとしている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://horijp.com/mt/mt-tb.cgi/435

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.6.0

このブログ記事について

このページは、masashiが2005年10月13日 06:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Yahoo!とMicrosoftが提携」です。

次のブログ記事は「プロジェクトX打ち切り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。